上州弁

上州弁

群馬県で使われる方言のこと。上州は北方山沿いの北毛地区(水上、沼田、吾妻など)、西側の西毛地区(高崎、藤岡、富岡など)、中部の中毛地区(前橋近辺)、東毛地区(桐生、太田、館林など)に大別され、上州弁もそれぞれに特色がある。

一般的には語尾が「~だんべ(え)」となることが広く知られるが「~だいね」「~だがん」等も多く使われる。

* はてなダイアリーキーワード:上州弁