新潟弁

新潟弁

主に新潟県を中心として使われている方言。新潟県は縦に長い県であるため、地方によって差が存在するが、上越・中越下越で大別できる。また、佐渡島の方言は関西弁に似ており、本土のものとは少し異なる。

主な特徴は、以下に記す。

文末の特徴

文末の「なの」は「なん」に変化

  • 例.「そうなの?」→「そうなん?」

さらにこれと関連すると思われる文末変化もある。

  • 「~なんよ」:「~なんだよ」「~なのよ」の意味で使われる。
  • 「~なんて」:「~なんだってば」の少し弱いようなニュアンス。
  • 「~なんさ」「~なんね」:「~なんだけど」「~なのさ(なのね)」のような意味。話の前提となることを話すときなどに使われる。

文末のラ行

  • 文末の「だ」は「ら」に変化する。さらに伸ばすことも多い。
    • 例.「~だろ」→「~らろー」
    • 例.「~だって」→「~らてー」
  • 文末の「ぜ」は「れ」に変化する。これもさらに伸ばすことが多い。
    • 例.「~しようぜ」→「~しようれー」

これらは中越下越地方でよく聞かれる。ラ行の多い印象を与える。

文末の「がー」

中越地方では、文末に「がー」を付けることが非常に多い。そのため「がーがー弁」と呼ばれている。

名詞のアクセント

アクセントが語の最初にくる名詞がある。例としては、卵・うさぎ・靴・椅子などが挙げられ、どれも最初の文字にアクセントがつく。

音の混同

「い」と「え」の音を混同する。例えば、「いちご」は「えちご」になるなど。