讃岐弁

讃岐弁

定義

香川県の方言。岡山弁、広島弁、関西弁などと近い部分があるようだ。もちろん近隣の伊予弁愛媛県)、阿波弁(徳島県)とも共通の語彙が多い。古典文学にあるような古い語彙も残っている。例えば「かく」(重いものを持ち上げて運ぶこと)は「源氏物語」にも見える語彙。

県東部の東讃地方と県西部の西讃地方で、かなり語彙が異なる。県庁所在地の高松市には企業の四国支社が多数あり、多地方からの流入者が多いためか、方言色は薄い。一方で、高松市外では若者も豊富な方言の語彙を操る*1

参考

*1:1980年代、高松市高松市外の生徒がともに通う高校に在籍した際の g:hogen:id:inugamix の実感